NOUVELLES ACQUISITIONS

Postura e gravidade1

NEWTON, Aline C.; Sayão, Fabio

Como corpos, vivemos no campo da gravidade. Em qualquer outra atividade em que estivermos engajados, seja estar sentado e lendo este paper, seja caminhando, ou jogando (playing), nós também teremos de nos manter suficientemente...

Lire la suite

Função tônica – orientação pela gravidade como o fundamento para a integração estrutural

FRANK, Kevin; Sayão, Fabio

unção tônica é o nome para um modelo de integração estrutural desenvolvido pelo professor de dança, pesquisador e rolfista, Hubert Godard. Função tônica conecta a integração estrutural com a pesquisa científica atual e os...

Lire la suite

VOIR AUSSI

O Homem Que Perdeu a Cabeça

Par: Rolfing Brasil Année: 01/03/2000

O Doutor John B., cirurgião de 40 anos, chega para sessões de trabalho corporal....

Lire la suite

ZZ ??????????

Par: Structural Integration Année: 05/03/2005

「人は連続性、形式、限界を必要とするが、無限と宇宙に対して開かれている」 この論文は、著者が長年にわたってロルフィングとロルフ・ムーブメントを研究し教えてきた内容とウベア・ゴダーから学んだ概念とを合成しようとしたものである。ウベア・ゴダーは、ロルファーであり、ムーブメントの教師であり、ダンサーであり、ブラジルとアメリカとヨーロッパで明晰な講義を何度も行ってきた。著者は、彼の学術的な知識と経験の英知をシェアする能力に深い感謝をささげる。 この論文を通じて、著者はアイダ・ロルフ博士の才能に敬意を表する。また、ビビアン・ジェイとジェイン・ハリントンに感謝をささげたい。二人はムーブメントについて著者に個人的な好奇心の種を植え、ペトロ・プラードと共にロルフィングへの洞察を養ってくれた。著者はまた、ロルフィングにおける「ブラジルのパーソナリティ」の発展に大きく貢献してくれたブラジルのロルファーのコミュニティーに感謝を述べる。また、著者のロルフィングのインストラクターであるジェフ・メイトランド、ステイシー・ミルズ、マイケル・マーフィー、ゲイル・オルグレン、ピーター・シュウィン、ヘザー・スターソン、ジャン・サルタン、そして同僚の中でもとりわけ、ライエル・キーン、ロバート・シュライプ、アジョ・ゾーンに感謝をささげる。それから、著者と共に学んできた多くの人々にも。彼らがみな寄与してくれた。最後に、ハイディ・マッサがこの論文を執筆するにあたって手助けしてくれたことに感謝する。 これには、身体と、身体に内在する動きの潜在的な可能性が含まれる。したがって、本論文では構造的なワークと機能的なワークを50%ずつブレンドした方法を提案する。

Lire la suite

A Small Piece of Oral History

Par: Rolf Lines Année: 05/10/1999

MS: You were in a Rolfing® class as model for an osteopath? JB: Yes,...

Lire la suite